CENTER CONTROL センターコントロール

TOP > 特徴 > センターコントロール
センターコントロール
アップルではセンターコントロール方式を採用しています。
センターコントロール方式とは、お客様の引越し情報を本社に集約し、それぞれの引越し住所や作業量に応じて最適な配車をすることです。
これにより、大きく2つの効果が得られています。

1. 各支店のスタッフは、事務作業時間や移動時間が減り、お客様の満足度の追求に集中できます
2. 配車効率が高まることで、スタッフの移動時間が減り、人件費などを削減せずに原価率を抑えることができます 配車管理まで本社で一括管理
徹底的に業務効率と顧客満足を追求する仕組み
引越し会社はトラック1台につき1日に複数件の引越しをすることで収益の最大化を図ります。
そのためにはいかに効率の良い配車を行い、引越し案件間の移動距離を短くできるかが重要です。

<大手引越し会社の場合>
大手引越し会社は、各支店ごとに営業エリアを定めており、そのエリア内から引越しをする顧客を獲得します。そして、支店内で配車業務を行い、引越し作業をします。
この場合、例えば1件目にエリア内から離れた地点までの引越し作業をした場合、営業エリアの制約からまたエリア内まで戻って、2件目の引越し作業を開始しなければなりません。1件目と2件目の間の移動が長くなりロスが発生してしまいます。
移動時間が短いため、無理なく複数の引越を行える!
<アップルの場合>
アップルでは、支店ごとに担当するエリアに柔軟性を持たせています。
そのため、支店の場所と引越し前・引越し先の住所を加味し、最も移動が少なくて効率的な配車が行えます。
移動時間が短いため、無理なく複数の引越を行える!