RECRUIT 会社を知る

TOP > 採用情報 > 会社を知る
IDENTITY
企業理念
”引越しを通じて、ひとつでも多くの笑顔を
生み出し笑顔溢れる世の中をつくること”

私たちは単なる「引越し会社」ではありません。
引越しという機会を通じて”笑顔”を増やすことを追求していく会社です。
VALUE
行動基準
私たちが、特に大切にしているバリュー(行動基準)で、
アップルで働くうえでの行動基準です。
  • 1
    なんでも「1」って最高♪
    ナンバーワンになるって最高だよね。オンリーワンにも特別な価値がある。どうせやるなら1にこだわります♪
  • スピード
    すぐやるって最高♪
    スピードには価値がある。
    時は金なり。すぐやることを大事にします♪
  • 行動
    行動するって最高♪
    考えるだけ。言うだけでは何も変わらない。
    行動でしか結果を示すことはできない。
    私たちは“行動”を大事にします♪
  • チャレンジ
    チャレンジするって最高♪
    失敗とはチャレンジしないことです。チャレンジしないで後悔はしたくない。
    悩む時があるならチャレンジします♪
  • 改善
    改善するって最高♪
    愚痴からは何も生まれない。
    私たちは次のことを考える。
    愚痴を言う暇があるなら改善します♪
  • 提案
    提案するって最高♪
    批判するのは簡単だね。
    でも未来には役立たない。
    過去を振り返って批判するよりも未来を見据えて提案します♪
  • 成長
    成長するって最高♪
    今日のことは今日やります。
    明日は明日でやるべきことがあるから。
    日々成長することを大事にします♪
社内を360度写真で体験(東京本社)
人事部長からのメッセージ(人事部長:砂川弘充)
業界の現状
引越業界にどのようなイメージをお持ちでしょうか?
よく言われるワードが「体がきつそう」「胸を張って仕事できなそう」「ブラックなイメージがある」
非常に残念ですが概ねその通りの業界です。
同じ業界として本当に心が締め付けられる思いです。

「お客様第一主義!」「社員を大事にしています!」よく聞くような言葉です。
しかし、残念ながら言葉だけが独り歩きしていると感じることが非常に多いです。
なぜならば「従業員はどうせ辞めるからこき使えばいい」、
「クレームになったけど出来るだけお客様から値切ろう」なんて、そんなとんでもない会話が実際にあるのです。

これは大手企業・中小企業に関わらず業界としてそういった傾向があります。
私たちアップルはそんな業界に対して非常に危機感を持っています。
この仕事の素晴らしさ
引越しの素晴らしさ。実は、働いている人も分かっていない事がしばしばあります。
素晴らしさを上げればキリがありません。

「チームワーク」
現代ではネットの中でほとんどの事が片付いてしまうと言っても大げさではありません。
でも元来一人で出来る事は限られています。
自分の能力×仲間達の能力=無限∞です。
そこで得られるものは何にも代えがたい達成感と充実感です。

「ありがとうの輪」
仲間からの「ありがとう」、先輩からの「ありがとう」、
そしてお代金を頂いているにも関わらずお客様からの「たくさんのありがとう」。
毎日これだけの「ありがとう」という言葉が出てくる仕事は他に思い当りません。
感謝をされ、感謝する。その輪を大きく、大きく広げていく事ができる素晴らしい仕事です。
”関わる全ての人を笑顔に” それが私たちの目指す目的地です
私たちが成し遂げたい事。

それはこの素晴らしい「引越」という仕事を通じて多くの笑顔を生み出すことです。

笑顔はお客様の笑顔だけではありません。

むしろお客様の笑顔はスタンダードです。

それだけではなく、働いている「仲間」「仲間の家族」「取引関係先」、全ての笑顔を生み出すことです。

冒頭でお伝えした通り、業界全体としては「お客様」「従業員」という言葉は形骸化しています。

「 私たちアップルは変えます 」

引越業界、更には引越文化そのものを変えていきます。

”本当の意味でのお客様満足度”の為に、”働いている仲間の満足度”を究極まで追求する事が何より重要です。

その為に必要な事はサービスに専念できる職場環境、心もスキルも高める研修制度、そして労働条件、給与、福利厚生、それら全てを合わせて業界を変えて行くと、その様な強い決意があります。

それでもアップルはまだまだベンチャー企業。変えて行く為には多くの仲間の力が必要です。

「 一緒に引越業界を変えませんか? 」

あなたのその力がきっと、多くの笑顔を生み出し、その笑顔が業界を変え、
その先に日本の引越文化そのものを変えることができるはず。
私たちは本気でそう信じています。
応募フォームはこちら