HISTORY 会社の成り立ち・沿革

TOP > 企業情報 > 会社の成り立ち・沿革

会社の成り立ち

引越しの仕事を始めたのは、中学2年生14歳の時。自分自身の力でお金を稼ごうと、働けるところを探す。雇ってくれたのは小さな引越し会社だった。

それが「引越しとの出会い」

14歳からアルバイトとして現場で働き始める。その後は、いろいろな引越し会社をアルバイト、社員として渡り歩く。

18歳時には、独立採算で引越し事業部を任せてもらい、ゼロから2年で年商2.5億程までになる。
しかし、20歳に退職。

当時の私は、既に結婚し、妻、子供2人、妻の母も養っていた。そのためある程度の収入が必要であったが、学歴もスキルもない。当時雇ってくれるような会社ではちゃんと生活ができる収入でないものばかりであった。

稼ぐためにはノウハウがある引越しをやるしかないと考え、
2006年5月(21歳)に、アパートの1室を借り、中古トラック1台を買って、1人で始めた。

それが『アップル引越センター』だ。

まずひとつは、一人でも多くの人に関わりたいという思いから、親しみやすい呼称であること。次に、コーポレートカラーとして好きな色でもある赤色を使いたかった。

そして、何かのリストに載る時は「あ」から載る事が多いので、なるべく「あ」から始まる名前が良いと考えた。

そのように考えた結果、『アップル』に決まった。

沿革

2006
平成18年
5月 神奈川県横浜市で株式会社アップル設立

2008
平成20年
8月 東京支店開設

2009
平成21年
8月 企業理念・信条策定

2010
平成22年
9月 「100円引越し企画」がメディアに取材され大きな反響を呼ぶ
東京支店を移転し埼玉支店に名称変更
2011
平成23年
9月 大阪支店開設

2012
平成24年
7月 本社を東京都中央区に移転(横浜支店と分離)
千葉支店開設
FM横浜ラジオCMスタート
2013
平成25年
10月 従業員数100名突破

2014
平成26年
11月 会社ロゴリニューアル / 「りんごりくん」誕生
Youtube CMスタート
りんごりくんLINEスタンプ配信開始
2015
平成27年
9月 東京西支店開設
千葉テレビ TVCMスタート
2016
平成28年
1月 東京本社を移転
5月 設立10周年を迎える
8月 社外取締役に塩濱氏(元Uber Japan代表)が就任
10月 「業界初」不動産・住宅関連事業者向け紹介ポイントシステムリリース
11月 単身引越ECシステム「アップルスピード予約」リリース
2017
平成29年
1月 東京東支店開設
引越業務基幹システムに、新たに「スタッフ&シフト管理」「稼働率管理」機能を独自に開発、運用をスタート
2月 「引越しダンボール広告」を開始
9月 東京南支店開設
東京圏の1K・1LDKの引越しに特化したブランド「ラクニコス」リリース
2018
平成30年
1月 顧客アンケートをすべてホームページにて公開
5月 株式会社バンクと業務提携 事業者向け即時買取アプリ『CASH PRO』
6月 引越し業界初!働き方改革に向け “パーソナルジムトレーナー“ を各支店へ導入
7月 東京西支店移転