GREETING 社外取締役 塩濱剛治

TOP > 企業情報 > 社外取締役 塩濱剛治

社外取締役 塩濱剛治

<略歴>
平成3年4月 A.T.カーニー マネジャー
平成9年4月 アンダーセンコンサルティング (現アクセンチュア) シニアマネジャー
平成11年10月 アスクル 執行役員
平成19年3月 ロゼッタストーン・ジャパン 代表取締役社長
平成25年1月 ロゼッタストーン・ジャパン 会長
平成25年7月 Uber Japan 代表取締役社長
平成27年7月 サーベイモンキージャパン 日本代表
平成28年3月 インベスターズクラウド 社外取締役
平成28年8月 当社取締役(現任)
令和2年8月 VoiceTube 日本代表(現任)

<学歴>
大阪府立大学経済学部卒業
シカゴ大学ブース経営大学院卒業(MBA)

就任背景

近年、IT分野におけるデバイスやクラウドをはじめとする技術の進化・普及は、様々な産業で新しいビジネスモデルやサービスを生み出しています。また、生活へのIT浸透は人々のライフスタイルを変容させ、サービスに対するニーズの高度化を進めています。一方で、引越業界ではIT化の余地がまだ多く残されており、今後、経営効率や業務効率の飛躍的な改善が期待されています。また、引越サービスはそれを構成する予約・梱包・搬送・作業などそれぞれにおいて、10年、20年前と比べサービス内容や提供形態の変化に乏しいのが現状です。
そこで、Uber Japanやアスクルで運輸・物流分野におけるITの利活用やIT基盤を用いた新しいビジネスモデル構築に関して知見・経験を持つ塩濱氏を社外取締役として迎え入れ、当社のIT利活用推進の加速による経営効率化、および引越サービス市場におけるITを用いたイノベーションの創出にご助力いただきます。

コメント

1. アップルの成長にかける想い
引越業界という野原の中で輝きを放つ宝石の原石、アップルはそんな企業だと私は思っています。磨けば磨くほど光る原石、これから無限の成長可能性を秘めた企業です。私自身はこれまで、交通・運輸を含め、様々な業界でITをレバレッジにした新しいビジネスを立ち上げ、成長させてきました。これらの経験を生かし、この度、社外取締役として経営に参画できることを非常に嬉しく、光栄に思っています。

2.変革の時代にこそ求められる人間的なあたたかみ
インターネットに始まり、AI、IOT、FinTech等々、人々の暮らしを変革するキーワードがあふれる現代。そんな時代だからこそ、私たちは人と人とのふれあいに安らぎを覚え、「ありがとう!」の言葉に、人間らしいあたたかみを感じて、ホッとします。
先端的なテクノロジーと、人と人の心を結びつけるサービスや製品を提供できる企業が、これからのビジネスをリードしていくことは間違いありません。

3. 引越業界の革新者=アップル
引越は人にとって人生の中での大きなイベント。しかしそのサービスを提供する側は「物を運ぶ」機能中心にすべてが回ってきた世界。お客様と引越業者の間には大きな意識のギャップが存在し、結果的に価格競争がすべてのような業界になってきました。
そんな引越業界にありながら、アップルは「引越を通じて一つでも多くの笑顔を」を理念に掲げ、引越をお客様から「ありがとうと言ってもらえる仕事」にしようと、日夜、全社をあげて取り組む仲間が、文字社長を中心に集まっているユニークな会社。
もちろん、最新のテクノロジーを経営に取り入れることにも積極的で、これからも斬新なサービスを次々と打ち出していきます。そして私自身も、社外からの目線、お客様視点を忘れず、アップルがピカピカに光る宝石へと進化できるよう、しっかりと精進していきたいと思います。